豊かな余生のために
Daniel Hopwood | Architecture and Interior Design, London

スタジオ・ホップウッド
Great Western Studios
Alfred Road
London
W2 5EU :

連絡する

studio@danielhopwood.com
pr@danielhopwood.com

フォロー

サイトの著作者
~~作 Six

British Institute of Interior Design Member
豊かな余生のために Chiswick

豊かな余生のために

Chiswick
Residential
The Rovers Return by Daniel Hopwood – featuring Blake leather chair by Minotti. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – floor plan. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – artistic wooden coat hanger. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – glamorous kitchen-diner. Loft conversion designs
以前
以後
The Rovers Return by Daniel Hopwood – open plan living room. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – living room with Japanese silk wallpaper. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – hidden doorways. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – stylish bedroom and dressing room. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – bedroom with blue and orange accents. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – concealed dressing table. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – bathroom behind secret panel. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – elegant vanity unit. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – floor detail with brass inlay. Loft conversion designs
The Rovers Return by Daniel Hopwood – stylish hallway. Loft conversion designs
  • :
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
  • :
 
Hallway leading into living room, featuring the Blake leather chair by Minotti.
Careful manipulation of a small space to create a generously scaled apartment to suit the clients lifestyle.
Is it a coat hanger or is it art? Whichever way, it is both useful and beautiful.
Who would have thought a kitchen-diner could look so glamorous and be so workable.
This style of open plan living is a gentle nod to La Mason de Verre in 1930's Paris.
The Japanese silk wallpaper washes gently down to the hand calved rug by Michaela Schleypen
Open sesame! There's the hidden door to the bedroom.
By placing a panel behind the headboard we achieved both dressing room and bedroom in the same space.
The dressing table can be concealed when not in use.
The bathroom lurks behind a secret panel.
It's as a vanity unit should be. Simple, understated, elegant but luxurious.
Floor detail showiong brass inlay, limed chevron oak parquet and what looks like Cumbrian Limestone but is infact a rather clever porcelain tile.
And leading out, I hope you enjoyed your visit!

豊かな余生のために

デザイナーの意見

長年中近東と極東に駐在していたクライアントたちが、引退してロンドンに戻ってきました。彼らは、管理しやすく、快適で、スタイリッシュな、また収集してきた美術品のコレクションを展示するにふさわしい新たな拠点を求めていました。

彼らは、古い工場の一角を手に入れました。比較的小さいものの、天井が高く大きな窓のついた、開放感あふれる建物でした。私は、彼らの新しいライフスタイルを反映させるような斬新なレイアウトにするために、建物の後部の外壁を剥ぎ取ることにしました。

私は彼らを説得し、セカンドベッドルームを作らない代わりに、1人ひとりのスペースを贅沢にとりましたーバスルーム、大きな収納スペース、居間とダイニングキッチンがつながった広いリビングルーム。できるだけベッドを前に引いて、ベットの後ろに低い壁を設置することで、なんとか更衣室も作ることができました。
工場の雰囲気を生かすために天井はもとの半分の高さにまでしか下げなかったので、空調設備と照明の快適さを考慮し、規模を少しばかり小さくする調整を行いました。

美術品を飾るにふさわしい場所にするため、また、ほどよい静けさを保つために、仕上げは最小限にとどめました。磁器など、人工の塗料と素材を用いることで、マンションの維持管理を確実に簡単なものとしました。家具はどんな選択をしたでしょう?私たちは、ミノッティとB&B Italiaをミックスさせ、ダイニングテーブルにはLyndsey Adelmanの照明器具で美しい光を落とし、最高の空間を作り上げることに成功したのです。

写された